甘口日記

基本的に甘口です

AIアートコンテストについて紹介するよ!

みなさんこんにちは

きょうは私が企画したAIアートコンテストについての記事を書かせてもらいまっせ

sugar.cf

 

どうしてこんなものを作ったのかを、経緯を含めて説明していくね!

AIアートはじめて!って人にもわかりやすく書いたつもりだから、最後まで読んでいってくれると嬉しいな!

背景

2022年8月下旬、完全オープンソースで発表された、自然言語から画像を生成するプログラムであるstablediffusionが発表された。Midjourneyなどの画像生成プログラムは今までも存在していた、このstablediffusionはオープンソースであり、商用利用が可能なんです

 一方で、AIアートに関する否定的見解も多くみられたのが気になったんだ。

画像生成AI「Midjourney」の絵が米国の美術品評会で1位に 優勝者「物議を醸すことは分かっていた」 - ITmedia NEWS

のニュースによると、以下のようなコメントが寄せられていて

TL;DR — Someone entered an art competition with an AI-generated piece and won the first prize.Yeah that's pretty fucking shitty.(AIで生成した作品でアートコンペに出て優勝しやがったやつがいる。ほんっっとにクソだな!)

 AIアートは素晴らしい技術であると私は思う。しかしまだ一般的な技術とは言えないし、AIアートへの言いもよらない嫌悪感によって技術が頭ごなしに否定され袋叩きにあっている現状は少し悲しいとおもうんだ。

 そこで、AIアート技術の市井への普及を目的とし、AIアート専用のコンテストを日本で初めて開催しようと考えた。ってのが経緯ね

つまり、今のところAIアートが受賞するとたたかれるのにもかかわらず、せっかくAIでいい作品を作っても発表する場所がないってのはすごく悲しいと感じたからなんだ!

AIアートについて

今回におけるAIアートは、主に自然言語から画像を生成するものを指しているんだ。

例えば”anime girl in a snow field”(実際はもっと長いのだが...)

とうつと以下のような画像を生成するよ

プログラムはgoogle colabのGPUを用いれば誰でも使用できる(つまり、googleアカウントさえあればだれでも利用可能ということ。これはすごい!!)。うえの画像を参照してほしい。これは150回ほどの試行を経てもっとも出来のよい画像だよ。しかし、これが意味するのは常に上のような出来の良い画像ができるわけでないということを意味するんだ!

たとえば

”girl”

というように荒い条件を指定すればするほど作画崩壊(というより抽象的でわかりにくい絵...ある意味芸術的なのかもしれないが)しやすくなるっていう特徴もあるしね。

つまり基となる自然言語の文字列などに工夫の使用があるといえる。

だからこの簡単な場合においてもどんな文字を入力するかで人の創造性は発揮されると思うし、画像を組み合わせたりコラージュさせたりで、もっと面白い作品になると思うんだ!

審査基準

いまのところ、第一次審査は、サイトに寄せられた作品ごとのいいね!の数を第一次審査基準にしているよ。

また、第二次審査基準は

a いかに「セキュリティ」を表現できているか

b 作品がAIらしいものであるか

c promptの面白さ

という3点ほどを想定しているよ。Sechack365だからね!

目指すところ

やっぱりAIアートが市民権を得ていくというのが僕の理想だね!アートだけじゃなくてイラストやキャッチコピーなどにこれからどんどん応用されていくと思うこの技術が、ひとつのものとして社会に受け入れられてほしいと願っているよ

それと、やっぱりAIアートというものを作る人がクリエイターとして認められるようにしていきたいよね!

AIアートコミュニティがもっと広まってくれることを願ってるよ!

AIアートは比較的誰でもできると思うから、ちょっと気軽に試してみればきっとはまると思う!

それと、AIアートコンテストはスポンサーや、一緒に作り上げてくれる人を募集中だから、どんどん声をかけてくれると嬉しいな。

では!