甘口日記

基本的に甘口です

恋人は必要ない!?恋人を作らないメリットについてまとめたよ[少子高齢化]

はじめに

ウーノ!甘口だよ!

今日は恋人いない暦=年齢の代表として、あえて恋人を作らないメリットについてまとめていこうと思うよ

最近の若者は恋愛をしないということが総務省にによって示されてるみたいだけど、根底には以下で述べるような考えがあるんじゃないかなと思うんだ!

そこで、”恋人いらない教”の布教のために今回はこんな記事を作ってみたよ

ちなみにこの記事は、恋人のいない私の実在の自己正当化でもあるよ

そこ含めて、暇つぶし程度に見ていってね

恋人を作らないメリット① 金がかからない

恋人を作らないことによって当然のように金を使う機会が減少するよ

デートに行ったり、誕生日プレゼントにお金を使う必要が皆無となるからね

ちなみに私の友人の話だと、誕生日プレゼントに5桁のお金をかけるらしいんだよね...

それだけあれば、株式を単位株で買うことができるじゃないか(ボソッ)

結果として、自己研鑽投資のためにお金を使ったり、家族など親族に親孝行するためにお金を使うことだってできるんだ!

私は自分の成長のために恋人を作っていないといえるんだね!うんうん!

成長できました?↓

恋人を作らないメリット② 自分の時間が増える

時間というのは若いときに担保されている大変有用な資産の一つだよね

果たして恋愛をすることによって、その資産を有効活用しているといえるのかどうかについては賛否両論あると思うけど、私は読書や学問に時間を使うほうが、いわゆる”恋愛の勉強”に時間を使うよりも効果的であるようにも思えるね

[word_balloon id="2" size="M" position="L" radius="true" name="" balloon="talk" balloon_shadow="true"]

若くなくても恋愛はできるけどな

[/word_balloon]

かといってその時間を娯楽にばかりつぎ込んでしまう可能性もあるわけだけどね...

これについても、私は自己研鑽のために恋人を作っていないということだ!うんうん!

恋人を作らないメリット③ 精神の安定

私の高校時代の友人で、かつてはまともな人だったんだけど、ある女性に恋をし、付き合ったせいで人生が狂ってしまったパターンがあるんだよね

その原因は恋愛にあって、要はフラれたというやつだよね

で、その人は精神を病んでしまって、大学受験にも失敗し、心を壊してしまったと...

私からすると、恋愛というものの恐ろしさを間近で感じた一つの例だったね

なぜそこまで苦しい思いをする可能性があるのにもかかわらず、恋人を作ってしまったのか私には理解が難しいというのが正直な感想だよ

まして、人生がかかった受験があるのにね...

逆に恋人がいないから精神を壊したというのはあまり聞かない

恋人を作らないことによって精神が安定する(向上はしない)というのは間違ってはいないようには思えるね

メンタルヘルスのために恋人を作っていないとというわけだ!うんうん!

恋人を作らないメリット④(女性) 犯罪の可能性を防げる

恋愛からくる犯罪を犯しているのは男性が多いよね...

男性よりも女性のほうが物理的に力が弱い傾向があるから、女性からするとやはり男性というものは危険因子となりうる存在というわけだ

そして男性というものは、下手な縁の切り方をすると実害につながりかねない、下手したら殺される可能性だってあるんだ....

恋人を作らなければ、そんな犯罪に巻き込まれる可能性を小さくすることができる...

安全のために恋人を作らないわけだ!うんうん!

恋人を作らないデメリット? ダーウィン自然淘汰

恋人を作らないメリットについてはうえで上げた通りなんだけど、これらの特徴は一つの考えに集約されるんだ

個人主義

というやつだ

つまり、恋人を作らないことによって自己のみにメリットをもたらしているわけだ

これがいいのか悪いのかについては判断を保留するけど、確実に言えるのは

恋人を作らないと、子孫は残せないということ、そして結果として人口が減って長期的に、全体としては損をするわけ

いわゆる集団における囚人のジレンマに似た現象が起こるというわけだ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?(クソ記事構文)

恋人を作らないメリットというのは、いい意味でも悪い意味でも個人主義的な思考の上に立脚しているんだ

逆に言えば、恋人を作るメリットというのは、公共の利益に与していると考えることができるね

個人的には、どちらがいいか悪いかについては判断は保留させてもらうよ

恋人を作らないことで、自分を成長させやすいのは説得力があるように感じるしね

では!

あと、書いていて悲しくなりました(ボソッ)