甘口日記

基本的に甘口です

東大生の東大生による東大のクソでつらい闇の部分のご紹介

はじめに

どうも皆さん、甘口だよ

受験生のみんなは受験という名の遥かなる牢獄からようやく解放されて自由を謳歌しようとしているところだと思うね

で、こう思ってる人も多いわけだ

”大学に入れば勝ち組だぜよっしぁぁぁぁぁ!!!”

うん、そうだね、大学に入れば自由が手に入ると思ってるんだね。その気持ちわかる

でもね、現実にはそうはいかない。

だから受験が終わって解放、祝福ムードに包まれてるなか、申し訳ないんだけどあえて東大、ひいては大学のクソなところを紹介していくよ

ちなみに、なぜそんな残忍なことをするかっていうと、大学での自由に希望を持ちすぎて、大学に入った後のギャップに苦しみ留年、失踪する大学生が毎年一定数いるからだよ。

だからあえて、先にそのギャップを知っておいてほしいな

物理実験がクソ

大学に入れば高度で楽しい実験ができると思ってるでしょ

でもね、現実は違うんだ。

待っているのは実験の教科書をひたすら書き写すという写経の繰り返しなんだよね

そのうえ、実験の内容はなんだと思う?

私の心に残ってるのは5秒ごとに1回ボタンを押すってのを200回繰り返すだけという物理実験(放射性分裂によるポアソン分布の存在確認をする実験)

は?ってなるでしょ。でも言葉通りだよ

ボタンを押す、5秒待つ、ボタンを押すの永遠ループ

なんすかこれホンマに(怒)

という東大生が続出していたね(^^♪

実際の研究所で行われるような実験も作業っぽいのは言わないお約束

第二外国語がクソ

第二外国語っていうのは、読者の中高生の方に説明しておくと、大学で強制で学ばなくちゃいけない科目の一つで、英語のほかにもう一つ外国語を学ぶ必要があるんだよね

もちろん私も第二外国語は教養として必要だとは思うし、言語を理解することで、その母国の文化がわかったりすることは感じているよ

ただね、他の教科に対して必要性が低いわりに、負担がでかすぎるんだよね

特に東大の場合は、進学選択(通称:進振り)という制度があって、大学でもテストの点数で競い合って自分の行きたい学部を決める制度があるんだけど

この第二外国語の点数比率が、なんと英語数学と同じなんだよ

つまり大学生は将来全く使わないようなことのために、英語とか数学と同じくらいの負担をかけて勉強しなきゃいけないわけだ

まして、私含む日本人大学生は、英語が苦手なのだから、英語をもっと強化すればいいのにと思うよ

教務課がクソ

教務課というのは、いうなれば学生の講義履修とかの受付をする大学の機関のひとつなんだけど、この教務課、たいていの場合はめちゃめちゃ不親切だよ

たとえば大学では履修をするためにはネット上で様々な手続きが必要なんだけど、その手続きについてまとめた「履修の手引き」っていう教務課発行の文書を見ながら行う必要があるんだよ

この履修の手引き、少なくとも東大の場合は哲学書並みにわかりにくいんだ

どうわかりにくいかっていうと、学生が履修登録の段階で何をすればいいのかっていうこと(知りたいこと)について全く書かずに、履修登録したあとどうするかについて延々とわかりにくい言葉で書かれているんだ

あまりにもわかりにくいので東大では履修学っていう学問としてまとめてるひとがいるくらいだよ

教務課に関しては、他にも、”大学の定期試験の点数開示ミスみたいな重大なミスをやらかしても謝罪を全くしなかった”みたいな数々の凶行に関する逸話や伝説があるから、暇な人は調べてみて

ちなみに、理不尽さがあまりにも狂っているので教務課のことを狂夢課と呼ぶ東大生もいるよ

まとめ

第二外国語はクソかもしれないけど、勉強すれば点数がついてきやすい教科でもあるから、詰まらなくても甘んじて受け入れるのが重要かもしれないね

そして本当に狂夢課には気を付けて!じゃないとすぐ足元をすくわれるよ

それでは大学生活をたのしんでね!

では!